映画館バイトの内容って?

カウンター

映画館はチケットをカウンターにて発券していきます。お客様が観たい内容と時間などに従って発券していきます。

原理原則の業務内容はチケットを提供していくんですが、言うまでもなくレジの使い方や扱いも習得する必要がありますし、映画のお知らせや電話応対をするケースも考えられます。

ぱっと聞くと、比較的ラクそうなイメージがあるかも知れないけれど、おもったより苦情に晒されるケースだって多くあるんだそうです。
状況に応じて動く、いろんな映画の見識を習得することが重要です。

またチケットのタイプがあり過ぎてスタート時はグズグズするかも知れないが、手慣れたら簡単で、充実感を味わえるバイトだと言えるでしょう。

さらに、ずっと座っていることが多いので、持久力に不安を感じている人でも不安や心配はいりません。

店内スタッフ

利用者のガイドを行ったり、ときには3Dメガネを渡す必要があったりします。映画終わった後、早急にごみの片付けを行い、客席の掃除を行います。

それのみならず、お手洗い掃除等もあるのですが、常に座ることができないですし、張り紙などの交換業務あたりも存在して案外とハードであったりもするため、バイトの数も多い傾向となっていることが一般的です。

さらに、場内アナウンスを担当したり、チケットの確認作業ものバイトの一部となっています。

販売スタッフ

定番のお決まりのポップコーンや、小冊子などの物販がメインの業務となっています。

映像関連スタッフ

音響や映像を管轄するバイトです。

一定以上の専門の見識がいると考えられて、責務もおっきいですが、映画マニアが最も職に就いてみたいと感じる職ではないかと思います。

しかし、そんなに簡単には出来るものではないので、あまり最初は期待しないほうがいいかもしれません。ある程度、他のバイトで実績を積んだあとだと、希望を聞いてくれるかもしれませんね。

映画館のバイト実績抜群

もしあなたが本気で映画館でバイトしたいと考えているのであれば、ジョブセンスを使うことをおすすめします。祝い金が貰える制度があるため、頭のいい方が使っているせいか、バイトの採用率も高いみたいです。ぜひ使ってみてくださいね。

▼▼▼
ジョブセンス